HOME  >  絞りパイプ

ステンレスパイプの金属加工(絞り)をご検討の皆様へ

繊細さが求められる医療業界にも対応。 組立加工・追加工も承ります。

検体など医療業界でご利用いただく場合、流度ひとつで大きなトラブルを招いてしまいます。弊社のパイプはそういった高精度さが求められる医療業界にも多くご利用いただいております。また、もう1工程加工が必要な場合にも、ご希望により組立加工・追加工をさせていただいております。

用途 医療用針 洗濯用ノズル その他

基本情報

  • 材質:SUS304、SUS316、チタンなど
  • 加工範囲:φ0.4~φ9.5

加工の流れ

  • スウェージング加工により先端を絞る
  • ファインカットにより先端をカット

※ご要望に応じて、内面・先端研磨、曲げ、フレア、切削品の組立加工などを追加で加工いたします。また、絞りパイプに1工程を加えることで、貴社の加工工程を減らすことも可能です。詳しくは組立品・追加工

切断技術「ファインカット」とは

ファインカットとは、シャー切断を用いた針やステンレスパイプをまっすぐ綺麗に切断する技術です。ファインカットは切断面にバリが出ないため、稼働ラインの中断や断面が曲がることによる機材の故障を防止します。ファインカットにより、ラインの遅滞や機材の故障を防ぐことでパフォーマンスの向上を図ります。

  • ペンシルポイント
  • 先端球状パイプ
  • 組立品・追加工
  • イオン放電針