HOME  >  スタッフ紹介

私たちが高品質の製品を短納期でお作りします

森田製針所が創業以来一貫して持ち続けてきたテーマとして、「誠実さ」「秘密厳守」「スピード」の3つがございます。第一にお客様に誠心誠意の対応を心がけ、ご注文の目的を理解すること、次にプロとしてお客様のプライバシーを守ること、そして事故を未然に防ぐこと。これらを一人ひとりのスタッフが徹底することにより、お客様のニーズに合致した「質の高い加工製品」を「短納期」で仕上げることができるのです。

名誉顧問 鳥越立男

生産一筋50年余。有り余る探求心が今の森田製針所の技術力を大幅に向上させた。スウェージング加工においてこの男を超える者はいない。現在は工場長を退任し後継の育成に専念する。

業務課長 寺阪守正

営業一筋50年余。豊富な経験と独特のキャラクターで顧客と現場の心をつかみ良い架け橋となる。また深い見識とその手腕で若社長の教育係まで兼任する。

工場長 村上亘

工場の最高責任者。多様化するニーズと個性溢れるスタッフを一手に統率し、日々の職務を全うする。

生産技術部長 山口忠高

現場の若きエース。若年だが深い見識と鋭い指摘で現場に刺激と新しいアイデアを供給する。

生産技術課長 柏原進

生産の最前線で生産指示をだして現場を動かす。熟練された技術力を今日も現場で奮わす。

品質管理課長 中磨美鈴

妥協はゆるさないその性格が森田製針所のクオリティーを保つ。普段は温厚だが品質の内容になると目色を変えて改善に取り組む。

生産技術課長 荒瀬弘樹

期待のリーダー。頭の回転が速く、常に新しいものに挑戦し続けるその姿勢は後輩の良き模範。今日も新しい挑戦に向き合う。

  • 会社概要
  • ご不明点・お問い合わせはコチラ